• ホーム
  • 男性ホルモンを抑制するプロペシアの保管は容器で

男性ホルモンを抑制するプロペシアの保管は容器で

髪の毛に育毛剤をつける男性

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの影響で引き起こされます。
その男性ホルモンが頭皮に影響することでヘアサイクルが乱れ、まだ成長しきっていない髪の毛が抜けてしまうことで、薄毛が進行してしまいます。
一般的に、男性型脱毛症の改善には治療が必要であるとされ、放置による髪の毛の回復は望めないとされます。
そのため、薄毛の改善には植毛などの方法をとることが必要になります。
植毛も一つの手段になりますが、男性型脱毛症の改善に現在最も使用されているのがAGA治療薬になります。
AGA治療薬は薄毛治療専門の医院での処方、または個人輸入代行業者を利用した通販などで入手することが可能であり、体への影響、安全性の面から、専門の医院での入手が望ましいとされています。
AGA治療薬のなかで欠かせない医薬品とされているのが、プロペシアになります。
薄毛の治療にはプロペシアが必須であるとされ、海外、日本の学会でも薄毛に効果的な治療薬であることが証明されています。
プロペシアの効果は、男性ホルモンの抑制になります。
脱毛の主要原因とされるジヒドロテストステロンに対し、プロペシアは効果を発揮するとされ、生成を抑止することで脱毛を止め、薄毛の改善に繋がるとされています。
プロペシアはAGAに有効的な医薬品とされていますが、同時に副作用があるとされ、副作用を考慮して使用することが肝要になります。
主な副作用としては、勃起不全、精子の減少、性欲の減退が考えられ、そうした症状が現れた場合は使用を中止し、医師の判断を仰ぐ必要があります。
また、胎児の男性機能に重篤な影響をもたらす可能性があるため、女性の手には触れないよう、外気から遮断された容器に入れて管理することが肝要になります。

人気記事一覧